ぐるんとびー看護師のやぎちゃんが熊本で活動中

image

NPOキャンナスのメンバーとして活動
させてもらっています。

熊本県益城町の避難所など夜勤など
1ヶ月以上の長期間滞在しながら活動し
戻ってくる予定です。

同じくキャンナスで活動中している
らんちゃん(理学療法士)、ななちゃん(作業療法士)に
かこまれて笑顔のやぎちゃん(看護師)。

ぐるんとボウサイダー熊本災害対策チーム
運営活動応援寄付金のお願い:特設サイトはコチラ
http://grundtvig.co.jp/contribution.html

image

image

熊本災害支援ボランティアの募集〔2016/5/2時点〕

ロゴ

ボランティア(看護師/理学療法士/作業療法士/介護福祉士)の募集について、※現在、医師の募集はしておりません。

※毎日、現地の状況が変わっております、ぐるんとボウサイダーのボランティアに関しては現在、現場のニーズにより5月6日以降、長期滞在(1週間以上)可能な方のみを募集とさせて頂きます。

※こちらから必要がある場合に日程調整のご連絡を差し上げます。連絡がない場合は弊団体では必要がないとご理解ください。連絡されていない方が現地に勝手に来られても引き受け先の調整は出来かねますのでご了承ください

※今後、短期ボランティア募集に関しては、医療団体(JMAT、JRAT、キャンナスなど)への人員補給の緊急で要請があった場合にこちらから登録団体をご紹介させて頂きます。

■募集要項
熊本・大分地震災害対策チーム「ぐるんとボウサイダー(略称:ぐるボ)」では、熊本での理学療法/作業療法/ボランティアの募集を開始いたします。熊本地震を受けて、これまでの支援および現地視察及び先遣隊の医師により、緊急でリハビリや介護に特化した支援が必要と判断され、今回の募集に至りました。

今回は緊急でのリハビリ職が優先となりますが、関連職種(医師や看護師)や、今後はアーティストやパフォーマー方々、被災した人達を元気にできる職能をお持ちの方々と調整可能な範囲で一緒にボランティア活動を創りましょう。

■ぐるんとボウサイダー熊本地震災害対策チームとは?
ぐるボウは医療職、看護職、介護職による健康管理及び生活支援特化サポートを必要のある避難所や施設に派遣している。被災地や避難所、その他施設の方と直接コミュニケーションをとり、リハビリテーション支援や介護支援を通して、被災地域の人々の自助、共助の力を最大化するような活動を主に実施しています。

※活動レポートはコチラをご確認ください(https://www.facebook.com/bowcider/)

また企業や、機能支援団体との連携で車の手配や、段ボールベッドの手配、ケータイや避難所のIT掲示板の構築などの生活支援インフラに近いコーディネートやエンタメ業界やパフォーマンス団体などとの連携を図り、被災した方々の不安を取り除き、自信を取り戻し、希望を一緒にさせるような課題解決型の支援を行っています。

■滞在日数
移動の関係もありますが、長期滞在可能な方に限定して調整させて頂いてます
(2016/05/02改訂)

■活動場所
熊本県益城町周辺

※ 災害避難所、その他介護福祉施設や、避難所など必要がある場所。
※先遣隊の医師とロジティクス担当が現地に入っています(2016/4/30現在)

■宿泊場所

移動・宿泊に関して以下の点にご注意ください

・寝袋を持参ください。宿泊室はございません。
・ボランティアで来られた方が避難所で寝る場所はないと思っていてください。
・車中泊や、空きスペースなど自己責任、自己決定でお願いします
※5km圏内の公園やホテル敷地内にテント設営し宿泊が現実的と思います。

■その他

・現地までの交通費、現地での食費は自己負担となります。

【移動は車が中心となるため普通自動車免許の保有が優先となります】(2016.4.23追記)

※格安航空会社の情報提供は可能です
※空港から現地までの車や移動手段の方法は先遣隊から指示があります
※連絡は個人のケータイ電話を使用して頂きます
・寝袋を持参ください。宿泊室はございません。
・住民の皆さんと一緒に寝泊まりします。
・入浴ができるかは確約いたしかねます。
・2~3日分のご自分の飲み水と食事を持参ください。
・社協でボランティア保険天災タイプに加入して下さい。

■応募方法

応募方法につきましては、
下記、エントリーフォームに記入ください

★ボランティア登録フォームURL★
https://goo.gl/UX8KJZ

■その他、お問い合わせ先

また、不明点等も下記担当まで、お気軽にお問い合わせください。
ぐるんとボウサイダー運営事務局(http://grundtvig.co.jp/contribution.html)

担当:菅原健介、川島勇我、小曲久美子
お問合わせEメール: rescue@bowcider.com

☆みんなへ☆ぐるんとボウサイダー熊本災害応援寄付金のお願い

キャンナス8

ぐるんとボウサイダー
熊本災害対策チーム発足

運営活動応援寄付金サイトオープン!


今、現地のためになる応援を一緒に創る人の
応援寄付金特設サイトはコチラ

2016年4月14日に発生した「熊本地震(仮)」では、物資のアンバランスな共有や交通網の麻痺の影響もあり、県外からのボランティア活動は医療や障碍者、生活支援が必要な方々などへの専門性の高い、難しい内容に限定されています。医療関係者の人不足、障害者サポートの不足、介護が必要な方々への支援が行き届いておらず混乱が続いてる状態です。

離れたところにいる私たちに実際的に出来る応援はなんでしょう?

 現地に行きたい気持ちは分かります、必要だと思う物資を届けたい気持ちも分かります。炊き出しも人的ボランティアも必要になるタイミングがあります。しかし今は、現地に混乱を招く行動をさけ、被災地支援を経験し、現地で効率的に動ける”行くべき人”の支援が有効です。現地からの情報を被災に影響されない場所で支援経験のある人的ネットワークで連携を図る災害対策チームで遠隔事務局を運営します。その活動の継続運営のために応援寄付金が必要です。

既に昨日4月17日には医療サポートをする団体に夜間の目となる光源(手回し充電ライト)を支援物資として届けています。その後、電気が復旧したため短い時間でしたが現場の医療・看護のニーズに応える支援を継続的に行っていきます。集まった応援寄付金の使い道は随時、ぐるんとびーのブログや応援寄付金特設サイト、ボウサイダー制作委員会のFacebookページで随時、報告させて頂きます。何に使われたか分かる、ちゃんと効果がある支援活動を進めていきます。

現地の医療ニーズを支える後方支援と情報コーディネートが
今、もっとも必要とされる支援だと私たちは考え、
ぐるんとボウサイダー熊本災害対策チームを発足しました。
応援寄付金での支援をご検討ください

支援の詳しい内容は
ぐるんとボウサイダー熊本応援寄付金のお願い特設サイトへ

http://grundtvig.co.jp/contribution.html

運営共同主催
株式会社ぐるんとびー / 代表取締役 菅原 健介
ボウサイダー制作委員会 / 代表かわしまゆうが